元村正信の美術折々-2018-12

明日なき画廊|アートスペース貘

2018/12/8 (土)

……………………………………………………………………………………………………………………………………

美術折々_180


冷泉荘で見た、山口 巧の写真


12月10日まで福岡市博多区上川端の冷泉荘ギャラリーで開かれている、安東千聡・浦田怜那・徳田健・山口 巧の、4人の若手写真家たちによる写真展『反射した視選(線)』。その中でも山口 巧の作品『見えない/待つ』
は、ことし精力的かつ多様な発表を試行してきた彼の写真の中でも、僕の目にはむしろ、“ 絞り ”の効いた禁欲的な視線すら感じさせた。今回の作品に添えた山口 巧の短いコメントをあげておこう。

「あの時、突然起こった出来事は今、その出来事が起こった時まで『待つ』行為を行っている。経験者ではないので、想像しながらその先を向き考える。見えるようで見えない、場所をいつまでも意識しながら」。これは、たとえばベケットにおいての「ゴドーを待ちながら」が未来の空虚を暗示したのだとしても、この若い作家にとっては知らない〈過去を待つ〉という逆の射程として、私たちが抱え込んだ〈空虚〉が過去に向けて、いま投げ込まれたとでも言ったらいいのだろうか。

これは一体なんのことだろう。9点の写真というか、あるいは一つの写真というか。それをじっくり見ていくと、やがて彼のその言葉と写真、そしてそれ以前の出自とがつながってくる。

つまり、『見えない/待つ』は、ナガサキのことなのだ。山口は言う。「あの方角に向かってカメラを」構えたのだと。だからと言って、ここでことさら「ナガサキ」をいう必要はない。「作品」をそこに置くということへの、心にくいまでの場所へのディテールに対する過剰な配慮。だからそれぞれの写真は、ひとつ一つのもの以上の、緊張を孕んでしまっているのだ。

なぜ、いくつかの写真はカールしているのだろうか。格好よすぎはしないか。「もしかしたら撮る動機に自身の意思などはどこにもなく」と、10月のテトラでの個展で彼は語っていた。ではなにが山口 巧を〈写真〉に向かわせているのだろう。どこにもない意思がそれでも、知らない過去を待つ。
1995年長崎市生まれ。僕にとっては、ここ福岡で久しぶりに出会えた若い写真家だ。
これからを、たのしみにしたい。

yamaguchi_0070.jpg

2018/12/2 (日)

……………………………………………………………………………………………………………………………………

美術折々_179


「官民連携」という、リニューアルの向こう


もうすぐ「水道法改正案」が、国会で成立する見通しだという。今後、自治体が水道事業の「運営権」を民間に委託していく、いわゆる水道の「民営化」と言われるものだ。それにより、さらなる企業の成長戦略と資産市場の活性化を促そうとしている。しかしこの民営化の結果、先例諸国ではサービスの名のもとに料金の高騰や水質悪化を招いて、パリやベルリンなど267都市で再び公営に戻されてしまった。そもそも生命維持の根幹に関わる「水」の供給を、利益も出にくい水道事業を、特に日本のように水道水をそのまま飲むこともできる国にとっては、この民営化による官民連携の市場化に適用するには不安や反対も多い。

「民営化」といえば、同じように「運営権」を民間に移行することになるPFI方式を採用 した、福岡市美術館もそうである。2016年9月からの改修休館を経て2019年3月21日から始まるリニューアルオープン展に向けて、いま追い込みの段階だ。メディアへの告知も増えつつある。このリニューアルに際しては、公募によって選定された民間事業者が、実施設計以後の資金の調達から建設、維持管理さらに美術館運営までを一括して行う。
その落札価格は約99億8800万円超。ほぼ100億近い金を、今後15年間に渡って福岡市民及び利用者は民間事業者へ、いわば「分割返済」して行くことになる訳だ。

再開後も所有権は福岡市美術館にあるが、施設の運営権は新たに設立された特別目的会社「福岡アートミュージアムパートナーズ株式会社」が持つことになる。同社は今後、民間のノウハウを活用した事業運営の効率化やサービスの向上などを具体化させていく中で、美術館運営に関する商品開発・販売等の様々な収益や利用料金を自らの収入として受け取ることができる訳だ。

いまから3年前。2015年11月30日付「福岡市美術館リニューアル事業者選定委員会」の報告書には、市の要望として「市の実施する教育普及事業と事業者が実施するイベントの役割分担の明確化」が記されている。つまり美術館事業の官民の分担・連携が強調されていた。言うまでもなく美術館の根幹を成すのは、「美術品」の展示企画・収集そしてその保管・修復を含めた調査・研究さらに教育普及である。ただその根幹が、美術館運営の効率化やサービス向上、売り上げの数値によって歪められてはならないだろう。

ともあれ福岡市美術館はこれからの当面15年間、それを〈所有〉する市と〈運営〉する民間事業者との、
いわば「連立」美術館として市民及び利用者によってその〈評価〉を受けることになる。
少なくとも美術館という主体性が、カネや数字、結果主義によってのみ判定・価値付けされることなく、
その内実とさらなる充実によって国内外の評価につながる「福岡市美術館」であって欲しいものだが。

sitemap | access | contact | admin