重松希

明日なき画廊|アートスペース貘

重松希展 「風と風景」
期日:2015.11.2~11.15
場所:アートスぺース貘

2015sigematu.jpg

人はなぜ景色を情景や風景、光景と呼ぶのか?について
考えようと思い、始めたシリーズの一つです。
都会の喧騒の中で静かに物事を考えられ、想像力を
羽ばたかせられる場所は少なくなってきているように思い、
今回は鉄の彫刻と絵(ドローイング)で風の通り抜けるような
空間を目指し、つくります。

重松希展 「透徹する地平」

期日:2012.11.5~11.18
場所:アートスペース獏

sigematu.jpg

鉄板を焼き切って溶接したり,繋いだりした作品、中世の鎧を想起させる。その前に畳一枚ほどの波打つ鉄板の作品が置かれている。壁面にはドローイング風の花の絵が貼られている。地震、原発の事故を考えると遠い未来、近き将来を象徴した作品にも見れる。鎧風の立体は人類の死、畳一枚ほどの鉄板は死滅した湖か海か?壁に貼られた自然の絵は過去を表わしているのか?そこまで考えなくても不思議な存在感がある作品だ。

s-1.jpg s-2.jpg s-3.jpg s-4.jpg s-5.jpg

添付ファイル: file2015sigematu.jpg 354件 [詳細] files-1.jpg 507件 [詳細] files-5.jpg 513件 [詳細] files-4.jpg 527件 [詳細] files-3.jpg 528件 [詳細] files-2.jpg 504件 [詳細] filesigematu.jpg 513件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin