元村正信の美術折々-2017-11

明日なき画廊|アートスペース貘

2017/11/15 (水)

……………………………………………………………………………………………………………………………………
美術折々_118

少女そして少年の歌

ことしの、第6回〜家族を歌う〜河野裕子短歌賞(「青春の歌」高校生の部)を受賞した埋金桜子(16)の歌。
 
  「 読みかけの文庫のように連れてって 休日の君もっと知りたい 」

誰しもあったかも知れない。たった一日だけなのに会えない君を想う私。「連れてって」という言葉に親は
ハラハラ。「読みかけの文庫のように」という喩えに、恵まれた本好きな少女の、すぐそばにある恋への
高鳴りが感じられる。この女子高生は、小6の時に寺山修司の青春歌集と出合い、それが短歌に興味をもつ
きっかけとなったらしい。

同賞は2010年に亡くなった歌人・河野裕子の業績を顕彰するとともに、新たな歌を発掘する『家族の歌・
愛の歌』と『青春の歌』の2部門からなる短歌公募。
僕にはちょっと気恥ずかしいくらい真面目な「お題」だ。まあそれはそれとして。

その河野裕子の第一歌集『森のやうに 獣のやうに』(1972年、青磁社)に収められている歌をここで
引いてみよう。

  「 たとえば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらって行ってはくれぬか 」

この一首が、受賞した女子高生の歌と共通するのは、「君」が「私」を「連れて/さらって」くれれば、という
願いである。だが、当時の河野のこの歌はもっと直截的で荒々しく音を立てて唸っている。もうそこに華奢な
少女はいない。

では少年はどうか。中学時代から俳句や詩作を始めた、10代の、青春の、若きころの寺山修司の詩歌はどう
だったのか。それは亡き父への思慕であり、恋し母であり、望郷であり、孤独な「僕の少年」との別れでは
なかったろうか。
   
  「とびやすき葡萄の汁で汚すなかれ虐げられし少年の詩を」

               『森番』の一連より :寺山修司作品集『われに五月を』(1957年、作品社)

僕がおもうにここで「少年の詩」とは、寺山という少年の死のことだと。
寺山修司は『僕のノート』の中で、こう自らの〈少年〉に別れを告げている。
   
  「美しかった日日にこれからの僕の日日を復讐されるような誤ちを犯すまい」。
   さらに「僕は書を捨てて町に出るだろう」と。

だから「われに五月を」というのは、きらめくような陽のひかりに憧れる彼の中の〈大人〉への旅立ちだった。
そしてのその願望どおり、早すぎる五月に逝ってしまった。

少女といい少年といい、詩や歌はおおくの若い感受性をすくってくれるが、同時に傷つきやすいその柔らかな
からだに過酷な火を放つ。それでもそれを、ことばをまたいで超えて行けるか。
急ぐことはない。〈言葉〉はいつも君を待っているのだから。

2017/11/7 (火)

……………………………………………………………………………………………………………………………………
美術折々_117

ゴミと芸術への、ある問い

いま宮崎県の都城市立美術館で、鹿児島・宮崎両県在住と出身作家9名による展覧会『MESSAGE2017 南九州の
現代作家たち』が開かれている(12月3日まで)。11月4日付の読売新聞西部版朝刊文化面で、白石知子記者が
この展覧会を取り上げていた。

同展は、1997年から10年ごとに開催され、「現代美術」の動向を踏まえながらの3回目となるらしい。
いずれも企画は原田正俊学芸員によるもの。いつも言っているように、僕から見れば美術におけるこの20年と
いう時間は、「現代美術」崩壊後の「アート」化の流れでもあった。ちなみにこの展覧会関連のシンポジウムの
タイトルもズバリ『南九州のアート20年』。

まちがっても「南九州の現代美術20年」ではないのだ。すでに現在という地点が、「現代美術」ではなく
「アート」という視点に立脚した上で、その20年が「アート」として振り返られていること。このことからも
僕がつねづね1995年以降この20年のあいだに「現代美術」はすっかり崩壊してしまったのだ、と言っていることの意味を少しは分かってもらえるかと思う。

しかし、この20年間を堂々と正面から「アート」として振り返られるスゴさ。時代はここまで来たのだ。
それは九州の南でも例外ではなく「現代美術」なきあとの「現代」も「美術」も、いつの間にか押しなべて「アート」と化してしまったということである。ここでも僕はひとり戸惑う。

それはともかくとして、この展覧会の出品作家の中から、宮崎県出身で現在福岡市を拠点に活動する若手作家、
宮田君平の作品には、いろんな意味で興味をそそられた。
タイトルは「What is this? - Rubbish. And this? - Rubbish. And this? - Rubbish. And this? - Art.」。
展示室の壁のひとつにも、目につくように大きくこのタイトル文字が書かれている。Rubbishはイギリス英語で「ゴミ」という意味だが、ちなみにスラングとして「たわごと」「つまらないこと」という意味もある。

この作品をすこし説明しておくと、展示室の床には、くしゃくしゃに丸めた紙が散乱しその片隅には同じ紙が
山積みになっている。それらの紙のすべてには「RUBBISH」と書かれているが、部屋中央の台座の上にひとつ
だけ「ART」と書かれた紙があるというものだ。床に散らばる「ゴミ」らしきものと、台座の上の「芸術」
らしきものへの関係性の問いかけ。いかにも概念的、図式的すぎると言われればそれまでなのだが。

ただここで僕は「RUBBISH」と「ART」という文字を入れ替えて見たくなる。床に散乱するゴミにも似た「ART」、そしてわざわざ台座の上にすえられた「RUBBISH」として。つまり宮田君平の作品の構造は、その
ような想像による反転を合わせ持っていることになるのではないか。

しかしそのとき、「ゴミ」と「芸術」は同じ水準で隣り合っていることになる。要するにゴミと芸術の区別が
つかなくなる訳である。ということは、宮田の“作品”は、ゴミであり芸術でもあり、またゴミではなく芸術でも
ない、という中吊りの状態に置かれていることになる。
もしかしたら、宮田はそのことまで目論んでいたのだろうか。

ただ Rubbish には、スラングとして「たわごと」「つまらないこと」という意味があることを思い浮かべる
なら、宮田が意図したものとは、かりに「ゴミ」だとしても「芸術」だと主張したとしても、〈美術館〉の中
では〈作品として〉見られる以外にないではないか、ということなのかも知れない。あるいは、それはゴミか
芸術か、といった「つまらない」論議よりも、所詮これは「たわごと」なのですよ、と涼しげな顔で押し通す
ことだったのだろうか。

もしもこの作品が、彼の問いかけが、ゴミにも芸術にも見えなかったとしたら。はたしてこれは何なのだろうか、という問いが残される。いまや美術館は「芸術」だけの特権的場所ではない。芸術ではないのものに触れる
ことにだって開放され、ほとんど自由化されているではないか。

それだからこそ宮田君平の、この「作品」は危うさを孕んでいると僕は思う。そしてそのような「ART」が
また、「ARTではない」危うさと隣り合わせではないと、私たちは言い切れるのだろうか。

sitemap | access | contact | admin