元村正信の美術折々/2019-12-16

明日なき画廊|アートスペース貘

……………………………………………………………………………………………………………………………………

美術折々_246

追われても忘ることなかれ

この錆び付いた階段を上りつめれば展望台。
でもいったい何が見渡せるというのか。
たしかに夜は近いけれど。

黒い服の、なにがボタ山だ。
かつて追われて逝った坑夫たちが見たら、どんな顔をしただろう。

「人間が地獄で、地獄は人間だ」といったのは、だれだったでしょうか、エイシンさん。
来世なんて、これっぽっちもありはしない。
ただただ「この世〈が〉地獄」だといったのは老婆だったかしら。

すっかり生も死も、浮き石のようですね。


observatory_0153.jpg
添付ファイル: fileobservatory_0153.jpg 396件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin