元村正信の美術折々/2019-08-01

明日なき画廊|アートスペース貘

……………………………………………………………………………………………………………………………………

美術折々_222

青い飴色のムチと夏

それは私たちの身体からだけでなく、その荒涼とした風景からも汗が噴き出していた。
塩の結晶が街のあちこちに、まとわり付くようにできている。ここはデスバレーか。
日々は猛暑で、それはもう亜熱帯化した日本といっても言い過ぎではないだろう。

殺伐とした人身に、これでもかと自然は追い討ちをかける。もちろんこの自然とは
私たちがつくり出したものだし。気象変動などと他人事のように語ってはうなずく
長閑な夏ここにありや。

高度に偽装され欺瞞化したこのシステムを生きるには、それなりの覚悟が必要だ。
それはあらゆる甘言が、もてなしがサービスが、特典が、期待が〈税込〉であるということからも。
透明性を担保されたものほどあやしいものはない。疑い深い人間ほど、こころは清らかで。
だからこの社会からは、すぐに弾かれ疎まれるものとしての私たち。

さあ明日も亜熱帯の都市へ出ていこう。噴き出る荒涼とした汗を舐めながら。
虚偽と負担の、五倍化の要求に挫けそうな私たちを、どうか救いたまえ青い飴色のムチと夏よ。


blue_0096.jpg
添付ファイル: fileblue_0096.jpg 10件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin