元村正信の美術折々/2019-05-04

明日なき画廊|アートスペース貘

……………………………………………………………………………………………………………………………………

美術折々_207

絵画ならざるもの[その三]


矩形(くけい)。すべての「角」が直角である四角形。
余りにもありふれた重力と強度の苦しみの下で。ながいあいだ散々耐え抜いてきたというのに。
これほど光は、いつだって窓を境にその内と外に溢れるているのに。
それでも〈窓自体〉が、光によって成されたことなどない。

だから〈矩形〉もまた同様に。それ自体でみたされることが、いつの日かあるのだろうか。
だから〈絵画〉は、その矩形の完全なる悲嘆の内側で、芸術の名の下に幾億と描かれてこれたのだ。

はじめから矩形は空洞だった。空洞ゆえに、自らが受けとめる重力と強度の苦しみに。
限りなく蒼白でありながら。それだから絵画は、さらに何かをそこに描きた足そうとするのか。
厚顔無恥なるものの欲望の果てのありよう。

それでもこの矩形という万物の、青青とした永遠の苛立ちを
絵画というものは、いまだわかってはいない。
なぜなら。矩形とは、絵画そのものの見えない支持体でありながら
絵画からもっとも遠い感情の源泉だということを。

rectangle_0085.jpg
添付ファイル: filerectangle_0085.jpg 14件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin