元村正信の美術折々/2019-04-06

明日なき画廊|アートスペース貘

……………………………………………………………………………………………………………………………………

美術折々_202


絵画ならざるもの[その二]


おそらく始めの頃。手に着いた〈血〉は、ヒトに、大地に、岩に、草木に
擦りつけられたであろう。

これが、最初の顔料ともいうべき〈絵具〉の発見だったのかも知れない。
しかしここにはまだ描かれるべき〈絵〉すらない。

あの「ショーヴェ洞窟」でさえ、3万5000年程まえのもの。
じゃあ、「洞窟画」以前に〈絵〉はなかったのか。あったとおもう。

ではいまだ発見しえない〈絵以前〉には、何があったのだろう。
〈何を〉刻んでいたのか。〈なぜ〉刻もうとしていたのか。

最古の〈石器〉は、約300万年ほど前にはあったというが。

さらに単なる〈石ころ〉は、もっと前からあったし
〈骨〉だってそこかしこに転がっていたはずだ。

遥か《芸術以前》にあったはずの、何かの〈痕跡〉のようなもの。

でもいまは、なにも残ってはいないから。しかし残ってはいないものの中に
《絵画》の、どこまでもたどれない起源がある。

land_0078.jpg
添付ファイル: fileland_0078.jpg 24件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin