元村正信の美術折々/2018-07-27

明日なき画廊|アートスペース貘

……………………………………………………………………………………………………………………………………

美術折々_159


いってしまった、運転士たちよ



ある私鉄沿線の駅ホーム。錆びついた蛍光灯のカバーの色にその青白い光が怪しく馴染んでいる。
夏の昼間だというのに屋根の向こうの空は、異常な汗と涙とも一切無縁のようで
どこまでも冷静な灰色だった。

これは明日の予告なのか。あるいは、きょうの照りつける日射しの隠蔽なのだろうか。
ここでぐるりと首を廻せば、澄みきった青い海も泥沼の残滓も永久凍土もすべてこのホームから
見渡すことができるという。ほんとうだろうか。

それにしても何日電車を見送れば帰してくれるのだろう。運転士たちよ。
そこかしこに見ず知らずの子どもたちを縛り付けたままその親たちを捕縛していってしまった、運転士たちよ。
ホームで泣きじゃくるこの子たちに親を帰してはくれまいか。
たとえこの夏が、親たちの欺瞞に鉄槌を下すことがあったとしても。

line_0021.jpg
添付ファイル: fileline_0021.jpg 43件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin