元村正信の美術折々/2017-07-05

明日なき画廊|アートスペース貘

……………………………………………………………………………………………………………………………………
美術折々_104

ヒヨコとリスの地下童話


貘のマスターが Blog/2017-07-03で、お茶目な「クリトリック・リス」のスカムTシャツを着て、
ちょい悪ポーズ!よく似合ってるなあ。

なんでも、あの「昌代ちゃんのお土産だと!」いうからナットク。マサヨちゃんと言えば、
不滅の「ひよこ」伝説の持ち主。それは唯一羽の、けなげな「ひよこ」が、この残虐な世界を俯瞰しながら
神出鬼没の「渡世人」となって変幻自在に活躍する物語の実作者なのだ。

なかでも、たこ焼き屋ババタコの女将と常連客のヒヨコとの、喪われた場末の時代の交流を描いた世界一部限定の手描き絵本は、今でも僕の手許にあって輝き続けている。「ひよこ」その永遠の美少女にして不死の老女。

アドルノも言ったではないか、「いかなる真に美しいものもまた醜い」と。
美と汚泥は同じ起源をもっているのだ。もし、愛は地球を救うというのなら、この世界の嫌われ者のすべての
クズ scum さえ「愛」は快く呑み込んでくれるだろうか。

じつは、ヒヨコとリスはお友達だったらしい。見果てぬ大人の地下童話が、きょうもきっと私たちの闇夜を
引裂き、勇気づけてくれるに違いない。マサヨ、スギム、〈血〉の果てまでも突き抜けろ!


under_023s.jpg
添付ファイル: fileunder_023s.jpg 1266件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin