元村正信の美術折々/2017-03-25

明日なき画廊|アートスペース貘

……………………………………………………………………………………………………………………………………
美術折々_90

儚さという告発

桜の花がまだつぼみの、ちょうど今頃。肌寒いこの時期に、どこか寂しげに
それでもたくさんの白い清楚な花を咲かせるハクモクレンが僕は好きだ。

可憐でも華やかという訳でもない。背の高い枝一杯に花を咲かせてはいるけれど、
むしろ哀しさを全身にまとっているような佇まい、とでも言えばいいのだろうか。
春がすみの曇り空によく似合う白さだ。

咲いていながら、半ば閉じたように咲く姿は、どこかかたくなでもある。
それでも風が吹けば、たやすく散り、たとえ咲いても短いその花のいのち。

私たちだって、時としてそんな生き方を余儀なくされもするが、
誰もがいつもそのように生きているわけではない。
まわりを見渡しても、虚偽、欺瞞、隠蔽の応酬によって塗り固められたこの世は荒野。
黒々としたこの息苦しすぎる地平で、やっと咲いた花に、人は何を見ているのだろう。

hotori_0079.jpg
添付ファイル: filehotori_0079.jpg 102件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin