元村正信の美術折々/2017-02-07

明日なき画廊|アートスペース貘

……………………………………………………………………………………………………………………………………
美術折々_85

ブリキの土地

車いち台、人っこひとりいない、だだっ広いばかりの駐車場。
いや正確には、僕がいた。

きっとこんな日は誰も来やしないのだ。
そう決めつける、僕もいた。

とある岳のふもと。崖下には白梅の咲く小さな畑があり、そしてその先の海には
すぐにも手が届きそうな、灰色の能古島が見える。

もう何年になるだろう。こうしてここに一人立ち、振り返っては、
いろんな「海」の色を見てきた僕は傍観者。

けっきょくこの場所が、彼の棲みかになった。彼が心から愛した「土地」が、彼をすてたのだ。
愛することと、愛されることは、どこまでも交わらない。

ただそこに「愛」があるだけの。ほんの、ひと時の、「愛」を介した交わらない交わり。

そういう、ほんの繰り返し。

buriki_0078.jpg
添付ファイル: fileburiki_0078.jpg 1373件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin