元村正信の美術折々/2016-04-10

明日なき画廊|アートスペース貘

……………………………………………………………………………………………………………………………………
美術折々_48
 

氷山 もしくは 絵画

絵画について考えるとき、僕はときおり巨大な氷山というものをおもい浮かべる。
さらにそこに絵画そのものを限りなく頭の中で巨大化し、この二つを重ね合わせ融合させるように描いてみる。

するとそこには、小ささと大きさといったスケール、イメージと物質、可視と不可視、絵画と空間、あるいは
絵画にとって外部とは何か、ひいては絵画とは何かといった様々な問題が、つぎつぎに浮かぶ。

氷山の一角としての絵画、あるいは 絵画の一角としての氷山。
もしくは描かれない絵画、あるいは描かれた氷山。

いまだ経験されていないものとしての、想像の産物。

この関係は異質すぎて唐突に見えるかもしれないが、氷山に絵画を埋め込む試みは、僕にとってはひとつの
プランもしくは “アンプロジェクト” とでも呼ぶべき「実現されないプロジェクト」のひとつでもある。

もうひとつ僕には、“ノンアート” 構想(アートではないものの光景群)というものがあるのだが、
これはまた別の機会にでも。

iceberg_p0604.jpg
添付ファイル: fileiceberg_p0604.jpg 1379件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin