元村正信の美術折々/2016-01-24

明日なき画廊|アートスペース貘

……………………………………………………………………………………………………………………………………
美術折々_36
 

うっすらと雪景色

冬の遅い朝に、久しぶりの雪。それももう昼すぎで。とくに仕事もせず用事もない日であれば、
だれにとっても少しばかり積ったこのような雪は、日本の南の地方では一種の風情というものなのだろう。

そとでは見知らぬ子どもたちの、雪を歓ぶ声もしたが、僕はこうして一歩も動かず窓越しに、
凍てついた外界を推測するばかりの怠け者である。

幼い頃は寒かった。私たちの知らないそのもっともっとずっと昔は、もっと寒く貧しかったに違いない。
手に届かないものばかりに囲まれた今の〈現実〉からは想像すらできないような、雪景色がすぐそばに
美しくも圧倒的に広がっていたのだろうか。いや、美しさなど、ちっぽけなものだったに違いない。

この一枚のガラス窓を境に、隔てられた世界。だが一枚というのは、じつは一枚ではない。
幾重にも何層にも隔てられ、こうして「世界」は遠ざかっていくのだ。

ほんらい雪でしかない雪もすぐさま、雪とはことなる透明な〈雪〉となって、桎梏となって、
しかもいつまでも融けることなく、私たちに降り積もっていく。
この部厚く、強固で、曇った〈窓越し〉に、僕のからだに。

snow_16006.jpg
添付ファイル: filesnow_16006.jpg 1341件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin