元村正信の美術折々/2015-07-29

明日なき画廊|アートスペース貘

美術折々_17
 

あるはずの 「境界」 、ないはずの 「境界」
                                     
                        
先日、ある若い画家が自身のブログで、同じ世代の別の若い画家の、絵画による個展の感想を書いていた。
かなり鋭く的確な指摘で、注意深く読んだ。

そこでは、「絵画とイラストの違い」について触れながら、その個展に出品された作家の作品が、ほとんど
「イラスト」に見えたというもの。それは、なにもイラストであることを揶揄したり皮肉っている訳ではなく、そのようにしか見えなかったと言っているだけだ。

そう指摘した若い画家自身、「イラストと絵画」の違いは明確にあるが、「この感覚的な違いをいつまで経っても言語化できないでいますが」と、控えめに語っている。また、同じブログの中で「アートとデザインの境界」という似たような問題を引き合いに出して触れてもいた。

じつは僕が注視するのは、「イラストと絵画の違い」、「アートとデザインの境界」という以上に、それらの 〈境界なき広がり〉のことなのだ。そこには、イラストの絵画化と、絵画のイラスト化。あるいはデザインのアート化と、アートのデザイン化とでもいうべき事態が起こっているのではないか、ということだ。急激に進行するこれらの〈無限接近〉は一体何を意味するのだろう。

その身近かな例が、8月2日まで佐賀市の佐賀県立美術館で開かれている、
佐賀市出身のプロダクト・デザイナー吉岡徳仁による 「吉岡徳仁展 — トルネード」であろう。この個展は1983年開館の同館が今春リニューアルしたのを記念し、その改装・監修を手がけたデザイナー吉岡徳仁自身によるものだ。

半透明のストローを大量に使ったその作品は、まさに「インスタレーション」であり、「アート」でありまた「デザイン」であり、美術館に出現した巨大な「ウインドーディスプレイ」だと言うこともできる。ここにあるのは、〈境界〉を巡る超え難さや、悩ましさあるいは曖昧さといったものではなく、すでに 「表現」 には 〈境界がない〉 ということを前提にして始めて、この作品は成り立っているということではないだろうか。

それはちょうど、たやすく 国境を超えて行くグローバルな「資本」と、それを容認しながら、一方では、
かたくなに国境を、領土を、主張する「国家」との関係にも似てはいないだろうか。既存のさまざまな領域を
意識させながら、そのいずれでもない、ニュートラルで無国籍な〈空間〉を吉岡の作品は実現しているようでもある。〈不在の芸術〉とでもいうのだろうか。まさにこれを「アート」といえばアートであり、逆に「アートではない」といえばアートではない。どちらもありの、むしろそんな自由度を許容するひとつの巨大な「クリエイティブ・ワーク」だと言えるだろう。

だがそこには、これからあろうとする 〈美術〉 への問いかけは微塵もない。逆説的にではあるが、この作品はそこに不在の〈美術〉の現在への批判と同時に、それを取り巻く 〈境界〉上の自由な流動の空間へと、私たちを心地よく誘ってくれている。

そして、もうひとつそんな 〈境界〉 を考えさせてくれる展覧会が、
8月23日まで福岡市美術館 2階 企画展示室で開かれている 「彫刻/人形」 だ。

同館所蔵の、高村光雲、山崎朝雲、荻原守衛といった日本近代の写実的「彫刻」作品に加え、福岡の具象彫刻家や若手作家(彫刻から博多人形まで)の作品、さらにキャラクター、人体模型、そして今回の「目玉」ともいえる蝋人形「嬉野弁財天」までを一堂に並べたもの。学芸員の山口洋三によると、「決して『彫刻』とは呼べない『人形』の魅力を、当館所蔵の『彫刻』と比較してみることで紹介したい」(『エスプラナード』180号.2015年7月)とする、小規模ながら意欲的な企画である。

ここでは 「彫刻/人形」 というように、異なる二つの表現を対比的に捉えてはいるが、作品はいずれも、少なくとも「写実的」であるという共通項があるようだ。また彫刻と人形という、いわば〈異種交流〉の赴きを持ちながら、それがそのまま既存の「芸術」への懐疑と、新たな〈視点〉 を見る者にうながしているようにも思われる。

ただそこには、そのあいだの領域ともとれる、つまり人形とも彫刻とも取れなくもない、フィギュア的な要素のつよい造型物も多々あること。だから 「人形の魅力」 というより、見る者にとってその全体から受ける印象は、彫刻と人形、あるいはそのどちらとも取れるもの、の混在によって見えてくる 「困惑の魅力」 とでもいうべきものがあるのかも知れない。

ここで 「困惑」 というのは、先に言った〈境界〉を巡る超え難さや、悩ましさあるいは曖昧さのことである。だがそれでも、見る者の視線はたやすく 制度や 〈境界〉 を越えてしまう。つまり二重の困惑の経験がここにはあるのだ。

おそらく、彫刻と人形は違うと、多くは思うだろう。確かに異なるものだ。しかし、ここでの並置からはその比較よりも、なぜ彫刻は人形のようであり、なぜ人形は彫刻のようなのか、という互いの〈無限接近〉への、あるはずの境界をまたいでしまった私たちの、〈視線の膨らみ〉に気づかされるのだ。過剰な戸惑い、とでも言えばいいのだろうか。

〈境界〉はあるにしてもどのようにあり、〈境界〉がないにしてもどのようにないのか、という問いは、ここでも人形の彫刻化と、彫刻の人形化を、〈見るということ〉を通して考えることができる。それは当の作品だけでなく、見る者に対して示される新たな経験が、〈境界なき広がり〉として生まれているのではないだろうか。
すでに 〈リアル〉 であることも、なんらその通りの 〈現実〉ではなく、むしろ 〈ないはずのものがそこに在る〉 という、腑に落ちない戸惑いでもあるのだ。

ただことわっておくが、僕は 〈表現〉 というものに、もはやジャンルも領域もカテゴリーも存在しない、と考えている訳ではない。いやむしろ、芸術の表現自体の、『主格性』 こそが、問い詰められてもいると、考えて
いる。

「美術」もまた、〈境界なき広がり〉の趨勢に抗いながら、美術じしんによって、たえず 〈超え出ていく 美術〉 の内実が、作品が、問われているのではないかと思う。

(2015.07.29)

kagami_018.jpg




添付ファイル: filekagami_018.jpg 1406件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin