元村正信の美術折々/2016-01-03 のバックアップソース(No.1)

……………………………………………………………………………………………………………………………………
美術折々_33
 

2016年のアートスペース貘へ
~

年が改まり「アートスペース貘」も、1月4日で開廊39周年を迎える。
この画廊がこれまでいわゆる「現代美術」を中心に、ここ福岡という地方で担ってきたものは決して小さくは
ない。だが、何度も言うように、この国の「現代美術」もこの20年間で、ほとんど崩壊してしまった。

「美術」と「アート」は、一体どう違うのか。「芸術」もまた、崩壊と遺産との二極化のあいだで、
今後ながく、自らへの問いと生みの苦しみが続くことになるだろう。
そんな世界の中でアートスペース貘もまた、画廊としての転換期を迎えることになる。

さてさて、どんな作品が、作家が、私たちのまえに現れてくれるだろうか。
事態は楽天的には行かないが、きたる40年に向けてその収穫を楽しみにしたい。