元村正信の美術折々/2019-03-18

明日なき画廊|アートスペース貘

……………………………………………………………………………………………………………………………………

美術折々_198


絵画ならざるもの[その一]

かつてここに〈海の家〉があったという。

見えない漁船の古油と、春の海草と、そして肌をさす潮の交じった匂い。

僕たちの、あおじろい夏の始まりはいつもここからだった。

きみは少しづつ膨らみかけた胸いっぱいに、その複雑な匂いを吸っては。

僕などよりもずっと遠くを見つめていたのだ、その空洞のような眼差しで。

でも閉じた扉しかなかった〈海の家〉が、いつ無くなったのかは知らないが。

僕たちがいつもその家を背にして、ただ沖だけを見つめている間に。

〈絵画〉というものは、〈絵画ならざるもの〉に目覚めていったのだった。

pt_0038.jpg
添付ファイル: filept_0038.jpg 130件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin