元村正信の美術折々/2018-02-18

明日なき画廊|アートスペース貘

……………………………………………………………………………………………………………………………………
美術折々_132

追記:福間良夫

このブログの1月24日付で紹介した映像作家、福間良夫の没後10年とFMF結成40周年をまとめた冊子が、
初版の訂正等を含めこのほど改訂完全版として追加出版された。アートスペース貘となりの「屋根裏貘」の
カウンターでも取り扱っているので関心や興味のある方は、ぜひ一度手に取って頂ければと思う。
(頒価:800円)

彼の映像作品のほとんどは、フィルムメーカーの川口 肇が言うように「光と視覚」への執着からなっていたといっても、過言ではないだろう。福間良夫の大きく見開いた目。その眼光の奥からは、何とも言えぬ、はにかみと繊細な勇猛さが、いつも溢れ出していた。過剰に押し寄せてくる光をとらえようとすれば、大きな目は
少なからず寡黙を貫くしかなかったのかも知れない。

1977年だったろうか。祇園町の、とあるビルの中の寒々としたスケルトンの空室で、わずかな観客に向けてのFMFのシネマテークで見せてくれた萩原朔美の、腐っていくリンゴを1年間撮り続けた『TIME 時間の痕跡』や、クロミとスヌケのみの映画、飯村隆彦の『1秒間24コマ』も、福間たちが紹介してくれたすぐれた実験映画
作品の中のひとコマだった。

後に残ってしまった者からすればいつだって、時代はすっかり悪い方に変わってしまったよ、と吐き捨てる
ことは容易だ。だがそのまえに私たちは、もっと実行しなければならないことが山ほどあるはずだ。

ニーチェを呼び出すまでもなく、抵抗は克服されて初めて抵抗に値するものとなるのだから。

fukuma_0002.jpg
添付ファイル: filefukuma_0002.jpg 233件 [詳細]

sitemap | access | contact | admin